小布施ワイナリー酵母違い飲み比べ4号から6号

先日、「スイカの元上司」(分かる人には分かる人)が来店してくれました。バレンタインデーの翌日の来店で、「ほらっ、渡すものあるやろ」と最初意味分からなかったんですが、チョコのことだったんですね。用意してなかったら、「そんなんあかんやろ」と文句言ってましたが(笑)
スナックの人が「チョコ渡すんでお店に来て」と電話で来店誘致する話はよく聞くんですが、居酒屋でも用意して渡したりしてるんですかね。人によるんでしょうか。このあたり疎いんで渡すものなのか、どうなんでしょ?
お世話になってる人にだけこっそり渡したりしてるんですか?
スイカの元上司、この二日間行きつけの店まわってたんやろか(笑)
ソガペール エ フィス 純米吟醸 
小布施ワイナリーの各酵母違いの飲み比べ第二弾
4号酵母、5号酵母、6号酵母の飲み比べスタートしました!
1号~3号飲まれた方ぜひコンプリートを!
まだの方も、明治大正の酵母を体験してみて下さい!
【4号酵母】 大正13年に広島県の酒造場(詳細不明)で分離
【5号酵母】 大正末期、「加茂鶴」で分離。
【6号酵母】 昭和5年、「新政」で分離。

◆Facebook◆

◆9月のお休み◆

【店舗情報・アクセス】をご覧ください

◆ご予約◆

078-322-3665

 

 

完全禁煙です。

 

クレジットカードのご利用が出来ません。