2017年

5月

30日

刈穂 なまはげラベル

「こんなんあるある??」シリーズ
ずーーと、何十年とこの年齢まで、ストレッチのトレーナーについ最近指摘されるまで「ふくらはぎ」を「ふくろはぎ」と言ってました。何回も言ってたのに、「はあ?」と聞き直され
「えっー!」と驚かれ「うそでしょー」と言われ始めて知った「ふくらはぎ」。誰か思い込んでた人いません??
本日のお酒です!秋田らしいなまはげラベル~!
●刈穂 なまはげラベル 山廃純米 
「白の極辛口」と紹介されてるお酒。おりがらみでなめらかな口当たりにもかかわらずこれが超辛口。日本酒度+12.
フェイスブック、インスタの写真映えもしますよ!!

2017年

5月

29日

秋田「両関シリーズ」

先日、神戸大丸試飲会に来られてました秋田の酒蔵「両関」さん。試飲会期間中は前掛けを送って下さり、先日はわさびとわさび漬けを送って下さったりと頂きっぱなしで。
最後にこんな素敵なお酒を用意して下さいました。
試飲会に行かれた方は試飲されたかも。
造ってる量が少量なんでなかなか表に出てこないというお酒「青時雨」、そして人気の「花邑」の中でも酒米「酒未来」を使用した超限定酒。酒屋さんに連絡して下さってて、ぼでがで入荷出来ました。本日から「青時雨」を次回「花邑」を順次お出ししますね。
●両関 青時雨 純米
●両関 花邑 純米吟醸
●両関 純米
●両関 山廃仕込 特別純米

 

2017年

5月

27日

夏酒

昨日の『嵐』が、メンバーチェンジをしてまた4人やってきた。見た瞬間『台風』を予感させる。案の定こうゆうひとたち恒例の?握手を求められる。「こちらが前の部長です」と紹介されるも、似たような感じであまり受け入れたくない人たち。
満席で良かった~。またFB荒れるとこでした(笑)
夏酒が続々と入荷しております。
冷蔵庫が涼やかなブルーの瓶が多くなってきましたよ。
●文佳人 おばけラベル 夏純吟 (高知)
●玉川 ice breaker 無濾過生原酒 純米吟醸 (京都)
●陸奥八仙 夏吟醸 (青森)

2017年

5月

26日

やまとしずく 夏のヤマト

横須賀から来て下さったお客さまもいらっしゃり和やかな楽しい営業時間に突然嵐がやってきました。
4名でどかどかとやって来て、ひとりはいきなりトイレ直行。想像通り、すぐさま掃除させて頂きました。
「まんさくの花 山田錦!これやこれ」
カウンターにお客さまがいらっしゃるにも関わらず大声、場の雰囲気お構いなし。
「ゆきの美人 山田錦。これどこの山田錦や!3つな3つ入れて!!」入れるだけ入れさせてほぼ2合分、瓶を空にして、ほぼ全部グラスに残して帰られましたわ。
兵庫の山田錦を丹精込めて作ってる農家さんと秋田の酒蔵を仲介してる人たちなんですが、米・酒と作り手さんに近い人の飲み方がこれですよ。注文しといてお酒残すなんて造ってる人にも失礼ですよ。ゆきの美人飲みたかったお客さまもいたんですよ。目の前で残して。
どこかの日記のようにきれいに結べない~。
夏酒がどんどん入荷してます!
やまとしずく 夏のヤマト  純米 (秋田)
美山錦60%精米 酵母:AK-1 
槽後すぐに瓶詰め、火入れを一回のみで低温貯蔵し、フレッシュ感をキープ。生酒のようなピチピチ感と、クッキリとした酸味が夏酒感を出してます

 

2017年

5月

24日

ゆきの美人 6号酵母 

「ひ〇日記」の先日のブログの題名「キッスは目にして」どこの店かすぐわかるじゃないですか(笑)うまい事表現しますね~。見習いたい✎

昨日はこの播州地酒のお店から、ぼでがに来て下さったお客さま。なんとなんと羨ましい。5年に一度長期休暇が取れるそうで13泊14日で日本酒の旅をしてる最中の方が来て下さりました。お店の選択は事前に知人に聞いたり、ネットで調べたり、地元の酒屋さんに聞いたりと下調べをして入るそうです。その旅の中に神戸では「播州地酒」と「秋田酒」のお店を選んでくれたとは。嬉しい限りで、色々お話聞かせて頂けました。

こんなに素敵なお客さまとは反対に...
「〇〇」←飲食店の名前を出してきた中年男性ふたり来店。
ひとりはウーロン茶とお通し、ひとりは日本酒1杯とお通し。ふたりの合計1850円。うちはカフェじゃないんです。
「〇〇」という飲食店の常連?こんな人来たでーと連絡しましたよ。自分の店のお客さまがこんなふうに他の店で振る舞われてたら恥ずかしいです。こんな時は店の名前出して常連風に振る舞うのやめてね~。
本日のお酒はこちらです。

●ゆきの美人 6号酵母  純米吟醸 (秋田)
山田錦55%精米  使用酵母:6号酵母  
14号系(金沢酵母)を主体する「ゆきの美人」が、クラシックな新政酵母とコラボした限定酒です。酒米「山田錦」、酵母が「新政6号」での組み合わせは仕込みは全国でもめずらしい??フレッシュ感と米の旨味がゆきの美人らしく存分に出ており満喫できますよ。

2017年

5月

23日

春霞 緑ラベル

二日間お休みを頂いて疲れも、睡眠不足も解消!
昨日は運動も兼ねて隣町まで、お野菜たっぷりのランチを食べに歩いたんですが、道を間違えとんでもない遠回りに。
ちょっと違う道をと思ったのが間違いで、住宅街に迷い込み方角が分からなくなり汗だくだく。疲れました~。
本日のお酒はこちらです!
●春霞 緑ラベル 純米吟醸 (秋田)
美郷錦50% 精米。春霞が最も情熱を注いでいる酒米を使用。秋田県内でも栽培数量は少なく、米の旨味とほのかな甘さ、爽快な酸が特徴のお酒です。

2017年

5月

22日

雪の茅舎 秘伝山廃 夏酒

【本日22日(月)はお休みさせて頂いてます。】
 
昨日は「三宮・元町・神戸ちょい飲み手帖」を使って3軒ハシゴしてきました。
お酒1杯とお勧め料理セットがついて約1500円~2000円のものが税込1000円で頂けるお得な本です。
お店の方にお話を聞いてると、店を知ってもらえてリピーターもありかなり力を入れてるというお店もありました。やっぱりそこのお料理は美味しいんですよ。最後に入ったBarはこの本が無いと絶対行くことが無く、気が付かない場所にあり知ってもらうには良いツールかもしれませんね。
反面、本の料理写真と実際のギャップがありすぎて、しかも入った瞬間に空気感が違うというか。もう行かないなと思う店もありました。友達も同じこと思ってたようで。
1000円のセットでどこまでお客さまに満足頂き、リピートに繋げれるか、この本に載せるお店は命がけじゃないですか。
店の負担も大きそうですし。
1000円で色々お店を回って見ることができ、私としても自分の店を振り返れ勉強になるんで7月20日までまた利用してみようと思います。
本日のお酒はこちらです!
●雪の茅舎 秘伝山廃 夏酒 純米吟醸 (秋田)
「雪の茅舎」シリーズ唯一の夏期限定酒。定番の「雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸」の姉妹品で、酒質を「夏向き」に設計した全く新しい別格バージョンです。山廃臭を感じさせず、柔らかな酸味の生酒で、酸味が爽快というわけでもないんですが、ついつい飲み進んでしまうお酒です。

2017年

5月

20日

夏酒入荷

今週は、第三週目(のんびり営業が多い週)にもかかわらず、毎日忙しく、しかも秋田の両関さんが来て下さりテンション上がるなど充実した一週間となりました。
22日(月)は予定通りお休みさせて頂きます。
よろしくお願い致します。
ぼでがにも夏酒がやってきました!
ここ数日暑いですしね~。エアコンのスイッチも入れましたよ。昨年、ぼでがのエアコン新しくなりましたので今年は扇子いらず!ぼでがで快適に日本酒を楽しんで頂けますよ(笑)
秋田からです!
 
●刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist
●鳥海山 爽快辛口 生 純米吟醸

 

2017年

5月

18日

山本 和韻

播州地酒のお店また連絡なしのドタキャンされたみたいで。その予約席で前の時間もお客さま入れないし、来たいお客さまお断りしてるし店にとってもお客さまにとっても大打撃ですよね。3週間以上先のご予約頂くとこのドタキャン率が高いんですよ。頭文字「や」か~。何組か予約あるなあ~(不安)
本日のお酒は秋田からこちらのお酒です。
昨日飲まれたお客さまからは大絶賛!「美味しい!」の連呼です。そして、お客さまがこんなの見つけましたよ!
バーコード。瓶の模様になってるんです!おしゃれ~!
海外で入手したシャルドネ用のワイン酵母を使用したチャレンジ酒。『ワイン酵母は吟醸香を一切出さないので、ただの甘くて酸っぱい残念な酒になり、そこで酢酸イソアミル系のUT-2をブレンドしました』とのこと。味わいに特有の酸味があり上質な甘めの白ワインのようです。
●山本 和韻 純米吟醸

 

2017年

5月

13日

山本 白 蔵元特別栽培米使用

お酒のご注文頂くとお客さまのとこで注いで、瓶を見たいという方も多いのでそのまま瓶をしばらく置いて戻るんですが、昨日、お客さまを見送りに外に出て戻ってきたら、勝手にその瓶から注いでる現場に遭遇。亜麻猫が空っぽになってました。
以前も金融機関のそれなりの地位のある人にやられました。お客さまを信用して瓶を置いてたんですが、こうゆうことがあると瓶を置かない方がいいですね。テーブル席でやられることが多いです。
二度目の入荷です。
前回もあっと言う間に完売になったお酒です。
「山本」の人気は、ぼでがでも年々上昇。好きな方多いですよ。
●山本 白 蔵元特別栽培米使用 純米吟醸 (山本)
使用米:蔵元特別栽培米 酒こまち:58%精米  
今年で、このお酒はしばらく製造休止だそうです。
じゅわじゅわジューシーな飲み口と酸味がリードしながら、たっぷりとした旨味が口の中を充満させます。

2017年

5月

11日

角右衛門 直汲み

FBを見てたらインスタグラムから投稿してる人が多くやってみようとアカウントを取って案内通りボタン押したら、いきなりフォロー数など数字がドカーンと出て訳分からなくなり蓋をしてずっーと放置。その蓋をちょっと開けてみて、昨日お客さまから個人レッスンを受け教えてもらいました。
なんとなく分かったような??分からんような(^^;
 
本日のお酒はこちらです!
 
●角右衛門 直汲み 純米吟醸 (秋田)
無圧で搾り、その生酒をそのまま槽場で直接瓶詰。酒蔵で搾った直後に味わえるピチピチしたガス感が感じられます。
が、開栓してしまったので、お客さまの飲むときには変化してしまってるかも。
ガス感が少なくなってもほんのりかわいらしい甘味もあり爽やかな味わいを感じられます。

2017年

5月

10日

福禄寿 農醸

尾道はすごいな。
ちょうど一年前にも、尾道に行って「笑空」さんで隣席に座った女性が神戸の人で、お客さまになり、その後この時に尾道で会われてた人と結婚。おふたりでお店に来てくれたことも。
今回は、このラテアートCaféのオーナーさん。Facebookにアップしたら、神戸の飲食店のご夫婦から知り合いだと聞いてまたまたびっくり。世の中広くて狭いですよね~。繋がる、繋がる(笑)
毎回、なにかある尾道。
本日のお酒は秋田の酒屋さんでも数店舗しか取扱いしていないお酒。
「農家がつくる日本酒PROJECT」で、酒米の種から日本酒ができあがるまでの過程を通して、人と人がつながっていくプロジェクト酒です。作業体験、生育過程を見守ったりと日本酒「農醸」を作り上げていく企画のお酒だそうです。
皆さんがよくご存じの“一白水成”の酒蔵「福禄寿」さんのお酒なんですよ。
●福禄寿 農醸 純米吟醸 

2017年

5月

06日

天の戸 天亀 槽雫生原酒

「ひ〇日記」上手いこと表現しますよね~(笑)
先日、大阪のイベントが終わって久しぶりに三宮の超有名店にお邪魔。満席の中予約と予約の隙間時間に入らせてもらうことができ、そこで飲食店のあるある悩みをさらっとぶちまけてきた感じ??
それを上手く例えますね(笑)
書いて頂いてるように、ゆっくり飲みながらしゃべりたいけど、ほんまに毒舌だらけになりそう~(^^;
気になる方はぜひ、この日記探してみて下さい!
日記、引っ越しされてますよ。
冷蔵庫がパンパンだったのが、やっと落ち着いてきました。本日のおすすめはこちらです!
●天の戸 天亀 槽雫生原酒 (秋田)  純米吟醸 
酒米・・亀の尾使用 「無加圧雫取り生原酒」を採り分けた稀少酒。瓶詰め後マイナス3度で冷蔵貯蔵、適度な熟成を待って出荷。採取量も少なく亀の尾生原酒の別誂バージョンという限定酒です。冷蔵庫から出したばかりよりも少し温度が上がった時の方が、さらに旨みはふくらみ、品の良さを感じる美味しさが感じられます。
                        7日(日)~8日(月)はお休みさせて頂きます。

2017年

5月

02日

新政 特別頒布会 4月分

「2017年度 新政酒造 特別頒布会 Spin off Collection」
4月分が到着しました。
●山吹(タンジェリン) 生酛純米
酒米「吟の精」を100%使用。精米歩合40%
こちらの酒米、NO6の麹米で使用してたらしいのですが、今後使用を取りやめることになったそうです。オール「吟の精」を使用したこちらの「タンジェリンラベル」が最後になるようで貴重なお酒になりますね。
●水墨(アッシュ) 生酛純米木桶仕込み
酒米「亀の尾」100%使用 精米歩合40%
山形県の鯉川酒造さんが種もみから増やしたお米で、漫画「夏子の酒」のモデルになったとされる酒米だそうです。
こちらの酒米、入手するにも醸造するにもなかなか難儀な酒米だそうで、それを100%使用した贅沢なお酒になりますね。
 
新しい新政の冊子とシールがセットになってました!
 
早速飲み比べを!!

◆Facebook◆

◆7月のお休み◆

【店舗情報・アクセス】をご覧ください

◆ご予約◆

078-322-3665

 

 

完全禁煙です。

 

クレジットカードのご利用が出来ません。